お手入れ方法

詰め襟・スラックスのお手入れ

品質表示をよく見て、正しくケアをしましょう。

※W80詰め襟・スラックスは、ドライクリーニング対応の商品です。
 ご家庭でできるお手入れを実践し、毎日綺麗な制服を着用しましょう。

毎日のお手入れポイント毎日のお手入れポイント

Point1ポケットは空にしよう!
重い物はポケットから出して、型くずれ防止。
ポケットは空にしよう
Point2ブラシをかけよう!
布地の目に沿うよう上から下へと一方向にブラッシングをして1日の汚れを落としましょう。
ブラシをかけよう!
Point3ハンガーにかけよう!
シワや型くずれを防ぐため、脱いだ制服は厚みのあるハンガーに。(スラックスは逆さに吊すことでシワ防止になります)
ハンガーにかけよう
Point4ケアに役立つ洗濯絵表示
材質や洗濯方法の注意事項を記した品質表示を見て、正しいケアを! 品質表示は詰襟の場合は内ポケットの中、スラックスの場合は後ろポケットの中にあります。
ケアに役立つ洗濯絵表示
※2016年12月1日より新しい洗濯絵表示に変わりました。
詳細はこちらの洗濯絵表示についてをご覧ください。

シャツのお手入れ

品質表示をよく見て、正しくケアをしましょう。

前処理のポイント前処理のポイント

  • 特に汚れの目立つ箇所には洗濯前に部分洗いをしましょう。(特に襟元、袖口)
前処理のポイント

洗濯時のポイント洗濯時のポイント

  • シャツはネットに入れて洗いましょう→袖の絡まりや擦れを防ぎます。(ネットに入れない場合はボタンを留めて洗うと良いでしょう)
  • 脱水時間はなるべく短くしましょう→「脱水じわ」を防ぎます。
洗濯時のポイント

干す時のポイント干す時のポイント

  • 洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し両肩を持って軽くはたきます。
  • たたんで軽くたたいたりハンガーに吊したりして、パンパンと手でたたいてしわを伸ばしてから干しましょう。
  • タンブル乾燥はおやめください。

※おまかせコースに乾燥が含まれる場合があるのでご注意ください。

干す時のポイント

姉妹店のご案内  ※店舗によりサービスが異なります。ご了承下さい。

トンボ学生服は【日被連標準型学生服】認証マーク付き
日被連標準型学生服認証マークトンボ学生服は全て安心の標準マーク付きです。
サイズも豊富に取りそろえ、さまざまな体型のお子様に対応します。
標準型学生服認証マークとは?
3年間の学校生活で常に着用する学生服は、質感が高く、また丈夫であることが求められます。
標準型学生服の認証を受けた学生服は、デザイン・シルエットから、縫製仕様、また素材や裏地等の副資材など、全てにわたり厳しい基準をクリアした、安心して着用することができる製品です。
校則について
学校ごとに制服の規定が異なります。ネットショップで制服やシャツ、ベルトなどの関連商品を購入する際は、必ず入学する学校の規定を確認しましょう。
学校オリジナルボタンへの付け替えについて
トンボスクールショップで販売する学生服には標準のボタンがついています。学校オリジナルボタンへの付け替え対応はご自宅での対応をお願いしておりますのでご了承ください。
別注サイズについて
オーダーメイドでのサイズ対応はしておりません。
上に戻る