最良の服づくりを提供しつづけるために

トンボ学生服の工場には目に見えない大切なものがあります。
どんなに工場の設備機器類やシステムが進化しても、縫製加工にはすべての工程に人がかかわっています。ですから、設計から仕上げまでスタッフやオペレーターのひとりひとりが、些細な作業でも「トンボ品質」を意識し、情熱をもって行動していくことが大切だと思っています。ご縁があって「トンボ」の商品に袖を通していただける方々に「トンボ ブランド」のものづくりの精神(こころ)が伝わることを願っています。

1.企画設計

人間工学に基づいた、
人の動きまで計算しつくした設計。

トンボ学生服では、より快適な着心地を追求するため、人間工学に基づいた立体裁断プログラムを採用しています。人の動きまで計算した設計なので、体にフィットして見た目も美しく仕上げることが出来ます。

出来上がった製品(サンプル)をもとに、
着心地であったり着た時のシルエットの検証をしています。

生地の製造段階で生じた
生地のヒズミを解消する、スポンジング。

型くずれなどをあらかじめ防ぐ為に必要な工程「スポンジング」を行います。繊維の持つヒズミを直すため、裁断前の生地に熱と蒸気を加えて、生地の製造段階で生じたヒズミを解消します。

効率よく生地を断裁するために。

生地のロスが出ないように、コンピューターで各サイズのパーツを最も合理的に組み合わせるデータを作成します。

機械でのスピーディーなカッティング。

生地のロスが出ないように、コンピューターで各サイズのパーツを最も合理的に組み合わせるデータを作成します。

長年にわたって培ってきた縫製の知恵と業。
縫製箇所により様々なミシンを使い分けます。

ベーシックな部分は、コンピューター内蔵ミシンにより、スピーディーに縫製されます。
着心地を左右する大切な部分は、職人技を生かし、本縫いミシンで丁寧に縫い合わせます。

3. 検査

機械と人の目で入念なチェック。安全性を確かなものに。

縫製後に全品の検針器検査を実施。
さらにマニュアル化した厳密な検査手順に従い、出来映え検査と仕様検品を行います。

4. 仕上げ

着た瞬間の、喜びのために。

この工程は、お客様が着用される制服が最良のものであるように、当社のパターンにあわせた独自の設備で仕上げプレスを行います。美しいシルエットを保つため、人の手で1着1着、各部分に入念なプレスを施します。人体型プレスやAMC(自動プレス機)も導入しています。

5. 梱包

1着1着を人の手で、丁寧に梱包します。

ボタンやカラー、ラベルなどの付属品を取り付け、一着ずつていねいにたたみつけて包装。その後、物流センターへと送られます。

6. 発送

いよいよ、お客様の元へ。

最先端の物流システムを導入した物流センターで、バーコード識別によるコンピュータ管理が行われております。全国へ的確な配送・納品を実現しております。

気になる商品やページを、他の人にも簡単にオススメできます。

1.このwebサイトをお知らせするとき

下記のボタンを押して、立ち上がったメール画面の宛先にお知らせしたい方のメールアドレスを入力してください。

おじいちゃん、おばあちゃんへお知らせ

2.気になる商品のURLをお知らせするとき

商品詳細画面内の下記のボタンから、その商品のURLを他の方へお知らせすることができます。

姉妹店のご案内  ※店舗によりサービスが異なります。ご了承下さい。

トンボ学生服は【日被連標準型学生服】認証マーク付き
日被連標準型学生服認証マークトンボ学生服は全て安心の標準マーク付きです。
サイズも豊富に取りそろえ、さまざまな体型のお子様に対応します。
標準型学生服認証マークとは?
3年間の学校生活で常に着用する学生服は、質感が高く、また丈夫であることが求められます。
標準型学生服の認証を受けた学生服は、デザイン・シルエットから、縫製仕様、また素材や裏地等の副資材など、全てにわたり厳しい基準をクリアした、安心して着用することができる製品です。
校則について
学校ごとに制服の規定が異なります。ネットショップで制服やシャツ、ベルトなどの関連商品を購入する際は、必ず入学する学校の規定を確認しましょう。
学校オリジナルボタンへの付け替えについて
トンボスクールショップで販売する学生服には標準のボタンがついています。学校オリジナルボタンへの付け替え対応はご自宅での対応をお願いしておりますのでご了承ください。
別注サイズについて
オーダーメイドでのサイズ対応はしておりません。
上に戻る